カゴメ野菜ジュースの効果を越える野菜不足解消におすすめの飲み物はコレ!

健康志向の高まりによって野菜の効果が再認識され、毎日の食事の中に多くの野菜を取り入れる人が増えています。実際に野菜を食べることはとても良いことなのですが、ただ毎日の中の食事の中で野菜を取り入れるだけでは足りないという事実を知る人は少ないです。実際に1日に必要な野菜の摂取量というのは様々な野菜を食事に取り入れていたとしても、男女平均で350グラムを毎日取らなければならないため簡単にはいかないです。そこで一日総摂取量となる350グラムに近づける方法の一つが、カゴメなどの食事で健康を増進することを目的とした食品会社が販売している野菜ジュースを飲むことです。なぜ野菜ジュースがいいのか、それは野菜ジュースだからこその利点が大きいからと言えます。例えばカゴメの野菜ジュース190グラムの缶入りの中には、野菜の中でも特に栄養価の高い100パーセント還元のトマトジュースを基本にセロリにんじんビートそしてパセリレタスキャベツほうれん草クレソンメキャベツそして最後にニンニクとミネラル分を補給する塩と総勢11種類の野菜が含まれています。野菜ジュースを飲む効果というのは、野菜の中には緑黄色野菜ならではの栄養成分が豊富に含まれていることです。野菜ジュースの基本となるトマトジュースの中には、強い抗酸化作用を持ち脂肪燃焼効果を発揮するとされているトマトのリコピンがコップ一杯で1日に必要な量が入っています。そしてリコピンだけでなくパセリやビートの中に含まれている抗酸化作用を持つポリフェノールや、体質改善に役に立つナトリウムやカリウムと葉酸そしてショ糖などのミネラル成分そして体内の栄養素となるビタミンb群とKもコップ一杯の量で350グラムの中の半分は摂取することができます。ただ野菜ジュースにするうえで食感が悪くなってしまうためにデトックス効果を持つ食物繊維は取り除かれてしまうことがデメリットと言えますが、そこは本当の野菜や豆類を食べることで代用すれば野菜ジュースでは取りきれない残りの総折衝により近付けることができます。

フルーツ青汁口コミの効果とは?

最近よく、フルーツ青汁という名前を耳にするようになりました。芸能人やモデルさんなんかも飲んでいるみたいで、私もかなり気になっていました。昔から青汁は健康にいいイメージがありましたが、やっぱりそれと同時にマズイというイメージも私の中でしっかり根付いていました。そこに‘フルーツ’が付いたことで、甘いのかな?と思い、美味しさは期待しなかったけれど、ちょっと興味が湧いてきました。

 

早速ネットで調べて購入してみました。私が購入したのは、FABIUSのすっきりフルーツ青汁です。選んだ理由は、検索ですぐ出てきたし、値段も手頃だったからです。FABIUSのすっきりフルーツ青汁は、すっきりというだけあって、飲みやすく美味しい味はもちろん、後味がすっきりしています。甘ったるい感じはなく、喉が渇いた時に氷を入れてゴクゴク飲める感じです。そして、何となく飲み始めてからは、体が軽くなったような気がしています。

 

私はFABIUSのすっきりフルーツ青汁を飲み始める前は、朝ごはんは抜いていました。それだけでも1日のトータルカロリーが抑えられると思っていたからです。でも一向に痩せる気配はなく、体重はここ数年、一年に一キロずつ増えていました。そこで、朝はFABIUSのすっきりフルーツ青汁を一杯飲むことにしました。それからというもの、まず一番効果を感じたのは、便秘が解消したことです。

 

あれほど頑固な便秘が、なぜか毎日飲んでから1時間以内にお通じがあるようになりました。毎日お通じがあるようになったお陰か、長年悩んでいた顎ニキビも徐々に治ってきました。そして、毎年増え続けていた体重も、飲み始めて半年で二キロ痩せました。FABIUSのすっきりフルーツ青汁を飲む以外、変わらない生活をしています。それなのに、気付いたら痩せていました。何となく頬骨の辺りにもツヤが出たような気がしています。

 

 

私はFABIUSのすっきりフルーツ青汁を飲み始めてよかったと思っています。代謝もよくなった気がするし、体もスッキリした気がします。ニキビは確実に減ったし、嬉しいです。これからも、飲み続けてみようと思います。